3. 最先端の研究設備

自由な研究を支援する最先端の研究設備や研究環境があります

曼陀羅ネットワークと
曼陀羅システム

最先端の研究を支える情報処理環境システム「曼陀羅」は、総容量1ペタバイト(10の15乗=千兆)以上の大容量記憶装置、テラフロップスクラスの計算・アプリケーションサーバ群で構成されています。また、学内利用者に対して1人1台の高性能ワークステーションが提供されます。

その基盤を支える曼陀羅ネットワークは、最大10ギガビット毎秒の超高速キャンパスネットワークです。インターネットにも10ギガビット毎秒の高速専用回線で接続できます。国内外の様々なサイトとの超高速通信の実現で、広域ネットワークにおける様々なサービスを利用できます。

電子図書館と
デジタルアーカイブ

本学の電子図書館は、最新の「曼陀羅」と融合することにより、自分の席で本や雑誌、研究報告書などの内容が24時間閲覧できるデジタルアーカイバ環境を実現しました。

すべての授業の映像を閲覧できる授業アーカイブをはじめ、講演ビデオや教育用ビデオなどの動画情報も閲覧できます。

デジタルアーカイブ

最新鋭の研究設備

各研究分野における最新鋭の研究設備を備え、最先端研究を支援します。