ロボットラーニング研究室の角川 勇貴さん(博士後期課程2年)が、創発的先端シンポジウムにおいて優秀先端学生賞を受賞しました。(2022/10/7)

  奈良先端科学技術大学院大学は2021年4月から、創発的先端人材を育成するための科学技術イノベーション創出に向けた大学フェローシップ創設事業を開始しました。本学は数少ない大学院大学として、次代の先端科学技術分野の発展とその産業活動・社会活動に貢献する人材のを実践してきました。それをさらにすすめるため、より社会に開かれた、また、学生の主体性・自立性を重視したプログラムを実施しています。
 創発的先端シンポジウムは、10月7日(土)に大阪ナレッジキャピタル・大阪イノベーションハブにてハイプリッド開催され、12名の学生が自身の研究について口頭発表、ポスター発表を行いました。
image
  • 受賞者 Awardee:
     角川 勇貴
    image
    写真は角川 勇貴さん

  • 受賞研究テーマ Research theme:
    "エッジロボットの制御方策獲得のための深層強化学習アルゴリズムの開発と応用"
     適用環境が動的に変化したり電力問題によって小規模計算機しか搭載できなかったりするエッジロボットに対して、それらの課題に取り組んだ深層強化学習のアルゴリズムを開発し、実機ロボットに応用しました。 エッジロボット上の小規模計算機でも高い表現能力が必要な制御方策を実装できる方法として期待されます。

  • 受賞者のコメント Awardee's voice:
     この度は栄誉ある賞を受賞でき誠に光栄に思います。今後も受賞を励みに研究に精進していこうと思います。

  • 外部リンク Links to:
     創発的先端人材育成 HP:http://isw3.naist.jp/IS/is-fellowship/

>> ロボットラーニング研究室 / Robot Learning lab