入試当日の流れ

(2013-03-22更新)

試験は以下の2つのステージからなります。(-> 選抜方法等について

  • [ステージ1] 数学の試問
  • [ステージ2] 面接(小論文及び出身専攻分野に関する質問)

入試当日の流れは以下のとおりです。(2)-(3)で合計約30分です。

(1)受付

集合時間前にまず受付で登録を済ませて下さい。受付は研究科正面入口すぐの場所にあります。受付の際には、受験票と、TOEICまたはTOEFLのスコア表およびそのコピーを提示して下さい。その後、受験者控室に入って下さい。

集合時間になりましたら、はじめに試験についての注意事項等の説明を行います。そのあと、係員が順番に誘導していきますので、自分の受験番号が呼ばれるまで待機して下さい。受験番号を呼ばれたら、係員の指示に従って問題閲覧室に移動して下さい。

受付

[受付]

受験者控室

[受験者控室]

(2)問題下見

問題閲覧室では、数学の問題の下見を10分間行います(問題例)。鉛筆と消しゴム、白紙が用意されていますので、計算などに使って下さい。ただし、それらは問題閲覧室から持ち出しできません。問題閲覧後、係員の指示に従って面接試験を行う部屋へ移動して下さい。

問題閲覧室

[問題閲覧室]

(3)試験

  1. [ステージ1]

    数学の試問を行います。試験時間は約12分で、ホワイトボードを用いて解答を説明してもらいます。

  2. [ステージ2]

    数学の試問とは別の部屋にて、面接試験を行います。試験時間は約12分です。

    提出された小論文に関するプレゼンテーション(3分以内、日本語または英語)をしていただいた後、その小論文及び出身専攻分野を考慮した情報科学関連の質問を行います。

試験室

[試験室]