お知らせ

計算システム生物学研究室の研究員らの論文が、シュプリンガー・ネイチャーの「世界を変える論文」に選定されました。
(2017/6/1)

シュプリンガー・ネイチャーは、「論文が世界を変える(2016年出版の必読論文)」プロジェクトにおいて、2016年にシュプリンガー・ネイチャーのジャーナルで発表された180編の論文を厳選し、世界を変える論文:今日の喫緊の課題に最も大きな影響を与える可能性のある研究として紹介しています。 金谷教授らの論文は「 Life Scinences and Biomedicine」分野25編の1つに選定されました。
Springer Nature highlights over 180 world-changing articles published in Springer Nature journals in 2016. We are honored to announce that the following research paper of Prof. Kanaya et al. is selected in the subject of Life Scinences and Biomedicine.
  • 研究テーマ Research theme:
    "Informatics Framework of traditional Sino-Japanese medicine (Kampo) unveiled by factor analysis, J. Nat. Med., 70: 107-114, (2016) "
    漢方では、漢方医の独特の診断方法である「証」に従ってその配合が決まります。「証」は「陰-陽」、「虚-実」などの指標により判定されます。(漢方)医の頭脳にある虚-実に関する配合法の違いを、情報学的に解明したのがこの論文の特徴です。もともと、漢方の発想はパーソナル医療そのものです。情報学により解明された「証」と生薬配合の関係が、今後のパーソナル医療への理論基盤として重要であり、このことがSPRING NATURE誌により評価されるに至りました。
    Kampo, an empirically validated system of traditional Sino-Japanese medicine, seeks to treat patients holistically. This study offers a theoretical basis for establishing traditional medications such as Kampo, leading to systematically personalized medicine.

  • 著者 Authors:
    Taketo Okada, Farit Mochamad Afendi, Mami Yamazaki, Kaori Nakahashi Chida, Makoto Suzuki, Rika Kawai, Miyuki Kim, Takao Namiki, Shigehiko Kanaya, Kazuki Saito
    kanaya
  • 外部リンク Links to:
    シュプリンガー・ジャパン HP: http://www.springer.jp/
    -Springer Nature : Change the World: http://www.springernature.com/jp/researchers/campaigns/change-the-world

>> 計算システムズ生物学研究室 Computational Systems Biology lab.