ユビキタスコンピューティングシステム研究室の福田修之さん(博士前期課程2年)が、第28回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2020)において最優秀プレゼンテーション賞を受賞しました。(2020/11/13)

 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理(DPS)研究会では、高速通信、分散コンピューティング、マルチメディア情報通信、知的通信、プロトコル、分散協調などの研究分野について、活発な研究発表が行なわれています。これらの研究について、通常の研究会ではできない深い議論を行なうため、1993年より合宿形式のマルチメディア通信と分散処理ワークショップを開催しており、2020年度は、11月11日から3日間、静岡県の伊東温泉にて開催されました。研究活動の活性化および新しい研究の方向を探る場として、多くの研究者が集いました。 takahashi
  • 受賞者 Awardees:
     福田 修之

  • 受賞研究テーマ Research theme:
     "釣果情報共有を目的とした釣竿の振動データに基づく魚種判別手法"
    魚を釣り上げる時の振動を分析し、魚種の判定を試みた研究成果を発表しました。これまで高専時代から学んできた信号処理と機械学習技術を応用できた研究でした。

  • 受賞者のコメント Awardee's voice
     NAISTのCICPに採択された釣りに関する研究を、学会発表してきました。CICPでは、自身がしたい研究テーマを自由に行うことができます。そのおかげで、釣りの研究を思う存分できたと思っています。DPSWSでその研究成果を発表でき、非常に良かったです。また、それらの研究成果が受賞につながり、とてもうれしく感じております。

  • 外部リンク Links to:
    DPS Workshop 2020のHP: https://www.dpsws.org/2019/

>> ユビキタスコンピューティングシステム研究室 Ubiquitous Computing Systems lab.