受賞

知能コミュニケーション研究室の河野誠也さん(博士後期課程1年)らが、国際会議IWSDS2018においてBest Paper Award Runner-upを受賞しました。(2018/5/16)

 The 9th International Workshop on Spoken Dialogue Systems Technology (IWSDS2018) は、音声対話システム技術に関する国際ワークショップです。 今年は5月14日から16日の日程でシンガポールで開催され、このたび博士後期課程1年の河野誠也さんらの発表がBest Paper Award Runner-upを受賞しました。 kawano
  • 受賞者/著者 Awardees/Authors:
    河野 誠也、吉野 幸一郎、鈴木 優、中村 哲

    kawano
  • 受賞研究テーマ Research theme
    "Dialogue Act Classification in Reference Interview Using Convolutional Neural Network with Byte Pair Encoding"
     本研究では、図書館のレファレンスサービスにおける対話の話者の発話意図推定に関する手法を提案しました。

  • 受賞者のコメント Awardee's voice
     このような賞を頂き、大変光栄に思います。 ご指導頂いた先生方には、心より感謝を申し上げます。 これを励みに引続き研究に邁進して行きたいと思います。

  • 外部リンク Links to:
    IWSDS HP:http://www.iwsds.org/

>> 知能コミュニケーション研究室 Augmented Human Communication lab.