受賞

知能コミュニケーション研究室の田中宏季特任助教らが、電子情報学会ヒューマンコミュニケーショングループより2017年度HC賞を受賞しました。(2017/12/14)

 ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)は、心理学など他分野の学会と連携し、人にやさしい情報通信システムづくりに貢献するための活動を行なっている、電子情報通信学会の下部組織です。
 HC賞(ヒューマンコミュニケーション賞)は、ヒューマンコミュニケーションに関する優れた研究報告の発表者を表彰し、もって、この分野の発展に寄与することを目的としています。2017年度はHCGの第1種研究会に直接申し込まれた研究報告が選定されました。授賞式は2017年12月14日(木)に金沢で開催された2017年度HCGシンポジウムにて執り行われました。
tanaka
  • 受賞者/著者 Awardees/Authors:
    田中 宏季、根來 秀樹(奈良教育大学)、岩坂 英巳(ハートランドしぎさん)、中村 哲
    tanaka
  • 受賞研究テーマ
    "自閉スペクトラム症による自動ソーシャルスキルトレーナの訓練効果"
     我々はソーシャルスキルトレーニング(SST)の過程を人間と対話エージェントの会話によって自動化する研究を進めている。これまでの自動ソーシャルスキルトレーナは、健常者の成人(大学院生)での訓練効果を検証したのみであった。本稿では自閉スペクトラム症者(ASD)での自動ソーシャルスキルトレーナの訓練効果を調査し、その有効性を検討した。10名(年齢7-19歳、男性)の自閉スペクトラム症の研究協力者がシステムを使用し、臨床心理士がシステム使用前後での話の全体的なスキルおよび各非言語的情報の適切さを評価した。結果として、システム使用により話の全体的なスキルの改善を確認した。

  • 受賞者のコメント Awardee's voice
     この度はHC賞をいただきまして、光栄に思います。本研究課題に一緒に取り組んでくださる共著者の皆様に大変感謝をしております。また、快く本研究に参加してくださった、協力者の皆様にも心から感謝を申し上げます。これからも本研究に取り組み、コミュニケーションの課題を乗り越えたいと思うみなさまに、システムを使っていただけるところまでを目指していきたいと思います。

  • 外部リンク Links to:
    電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ HP:https://www.hcg-ieice.org/

>> 知能コミュニケーション研究室 Augmented Human Communication lab.