受賞

ユビキタスコンピューティングシステム研究室のグループTeam Herschが、e-ZUKAスマートフォンアプリコンテストにおいてHamee賞と富士通賞を受賞しました。(2017/11/18)

 e-ZUKAスマートフォンアプリコンテストは、福岡県飯塚市が開催するスマートフォン、タブレット端末向けのアプリケーションの開発コンテストです。 2012年度に第1回を開催し、今回で6回目となります。 アプリケーション開発を行うエンジニア、学生、IT企業等との交流の場を創出し、優れた技術者の発掘と育成、自由でクリエイティブなアプリ開発の推進を図っています。平成29年11月18日(土)に、九州工業大学情報工学部において、e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2017公開プレゼンテーション&表彰式を開催しました。(e-ZUKAスマートフォンアプリコンテストHPより抜粋) hersch_1hersch_2
  • 受賞作品
    "きめごとルーレット"
     家族間での何気ないきめごとをする際に使うアプリケーションです。例えば、「この後どこの外食に行く?」や「どのテレビ番組を見る?」、「誰がトイレ掃除をする?」などです。既存のルーレットと違う点は歩数を元にポイントを発生させベットしたポイントに応じて勝利する確率を変動させるところにあります。これにより家族で勝利を求め歩数を稼ぐことを促しますまたゲームの際に会話が増えることを目指しました。

    hersch_3

  • 受賞者 Awardee:
    Team Hersch : 雨森 千周(M2)、梅木 人(M2)、木戸 勇太(M2)、千住 琴音(M2)、高橋 雄太(M2)、藤原 聖司(M2)、水本 旭洋(特任助教)、研谷 芙美(大阪芸大)

  • 受賞者のコメント Awardee's voice
     私たちのチームが作ったものが実を結びとても嬉しく思います。今年はUIにも拘り、面白いインタラクションのあるゲームを開発しました。これからも現状に満足せず技術力を高め、アイデア豊かにさまざなコンテストに挑戦してければと思います。

  • 外部リンク Links to:
    e-ZUKAスマートフォンアプリコンテストのホームページ: http://e-zuka.info/2017/

>> ユビキタスコンピューティングシステム研究室 Ubiquitous Computing Systems lab.