受賞

知能システム制御研究室の松原崇充准教授らが、IEEE ICIA2017において、Gaitech Best Paper in Roboticsを受賞しました。(2017/7/20)

ICIA 2017- International Conference on Information and Automationは、IEEEが主催する知能システムに関する主要国際会議です。 14回目となる今年は、2017年7月18-20日の日程で中国のマカオで開催されました。受賞したGaitech Best Paper in Roboticsは、本会議に採録された論文発表のうち、ロボット工学に関して最も優れた論文に与えられる賞です。 labol
  • 受賞者 Awardees:
    Yosuke Koishihara(Shinshu Univ.), Solvi Arnold(Shinshu Univ.), Kimitoshi Yamazaki(Shinshu Univ.), and Takamitsu Matsubara

  • 受賞研究テーマ
    " Hanging Work of T-shirt in Consideration of Deformability and Strechability"


  • 受賞者のコメント Awardee's voice
    この度受賞した論文発表は、NEDOの次世代人工知能・ロボット中核技術開発事業の一環として、 信州大学と共同で取り組んでいる「不定形物操作システムの研究開発」における成果です。
    共同研究者の方々に感謝いたします。

  • 外部リンク Links to:
    IEEE ICIA HP: http://2017.ieee-icia.org/

>> 知能システム制御研究室 Intelligent System Control lab.