知能コミュニケーション研究室の田中宏昌さん(博士前期課程1年)が、第13回立命館大学 学生ベンチャーコンテスト2016において優秀賞 野村イノベーション賞を受賞しました。(2016/12/17)

第13回目を迎える「立命館学生ベンチャーコンテスト」はビジネスアイディアを競う全国型コンテストです。充実したサポートプログラムやブラッシュアップ制度を通じて、起業やスタートアップ企業への就職を目指す大学生を応援します。最終審査会は2016年12月17日(土)にて開催され、全国から厳しい審査を勝ち抜いた全8組が出場しました。 Damien
  • 受賞研究テーマ Research theme:
    "ジョッキ"センシングによる一歩先のおもてなしの実現:
    我が国の「おもてなし文化」は世界から非常に高い評価を受けています。その一方で、高品質なおもてなしを提供するためには、それなりの経験が必要となります。 我々は、IoT技術を用いることによって、高品質なおもてなしを非熟練の店員でも実現できるようにする(おもてなしの民主化)を目指したビジネスプランを提案しました。より具体的には、ジョッキの空をセンシングするデバイスを作成し、それを用いることによって、非熟練の店員でも個室で食事を楽しんでいるお客様に最適なタイミングで追加オーダーを取りに行くことを可能としました。このデバイスとシステムを導入することで、飲食店のおもてなし品質の向上を図ることが出来ます。

  • 受賞者 Awardee:
    田中宏昌

  • プロジェクトチーム Team members:
    田中宏昌、豊嶋彰宏、森脇章太、Kar Long Chan、黄掣、Nakasan Chawanat

  • 受賞者のコメント Awardee's voice
    このような素晴らしい賞を受賞できたことを非常に嬉しく思います。本プロジェクトは、GEIOTプロジェクトの一貫としてチームで取り組みました。チームを代表して、GEIOTプロジェクトに関わっていただいた全ての方々に御礼申し上げます。

  • 外部リンク
    第13回立命館大学 学生ベンチャーコンテスト2016のページ: https://www.facebook.com/r.startup.2016/

    GEIOT グルーバルアントレプレナー育成プログラム: http://geiot.jp/

知能コミュニケーション研究室/Augmented Human Communication lab.