WWWサーバプールにおけるセキュアサービスの性能改善手法の提案

上野 宣 (9851013)


近年, インターネットは急速に発展している. そして提供されるコンテンツの充実により, 一つのサイトに集中するアクセス数は急増している. そして, E-Commerceの発展などによって, WWWサービスのセキュリティも重要視されている. それに伴い, コンテンツを提供するWWWサーバは高い処理能力を要求される.

従来から研究されている複数台のコンピュータを組み合わせ, 大量のアクセスを分散処理させるWWWサーバプールでは, セキュアなWWWサービスを安全に提供することは困難である. 本研究では, WWWサーバプールでセキュアサービスを安全に提供できるよう, 暗号鍵の安全性を確保するために必要な機能要件を明らかにし, これに基づき, セキュアサービスの性能改善手法を提案する.

本学情報ネットワーク講座ではWWWサーバプールである「Performance Collaborator」を開発している. Performance Collaboratorにプロトタイプシステムを実装実験し, 実装の評価と考察を行った結果, 本研究で提案した手法を用いることにより, WWWサーバプールを用い, その性能を劣化させることなくセキュアサービスを安全に提供できることを示した.