ゼミナール発表

日時: 9月27日(火)1限(9:20-10:50)


会場: L1

司会: 久保 尋之
鹿島 渉 1551032: M, 2回目発表 インタラクティブメディア設計学 加藤 博一,向川 康博,Christian Sandor,武富 貴史
title: Image Generation Corresponding to the Eye Movement for Head-Mounted Displays Based on Microlens Arrays and it's Evaluation
abstract: Recently, various head-mounted displays (HMDs) are being popularized. HMDs which is thin and with characteristics of the wide field of veiw are still not practical. We can make them with the method of using microlens arrays. However, we should generate display images corresponding to the eye movement when we use that HMDs with wide field of view. In this research, I suggest the system of image generation corresponding to the eye movement, and I evaluate it.
language of the presentation: Japanese
発表題目: マイクロレンズアレイを用いたHMDにおける眼球移動に対応した画像生成とその評価
発表概要: 近年、多様なヘッドマウントディスプレイ(HMD)が人々に広まりつつある。また、薄くて視野角の大きいHMDは、未だ実用的になっていない。薄くて視野角の大きいHMDは、マイクロレンズアレイ方式を用いることにより、実現することができる。しかしながら、広視野角なマイクロレンズアレイ方式を用いたHMDにおいて、ディスプレイ上の画像生成を眼球移動に対応させる必要がある。そこで本研究では、眼球移動に対応した画像生成のシステムの提案と、その評価を行う。
 
山本 雄貴 1551115: M, 2回目発表 インタラクティブメディア設計学 加藤 博一,向川 康博,Christian Sandor,武富 貴史

title: *** Study on Object-based Visual SLAM ***

abstract: *** Visual SLAM is a technique for estimating the position and orientation of a camera in 3D by analyzing the sequentially taken pictures from a moving camera.

In general, data becomes enormous as a result of continous SLAM usage.

And it replaces objects to 3D models prepared in advance in order to reduce datas.

Furthermore, uses the positional relationship of the object to eliminate the error.

However, it requires to create enormous 3D models in advance in order to apply to a variety of environments.

The biggest strength of SLAM is that can be apply to unknown environments, but SLAM++ does not have it.

Therefore, The purpose of this study is to investigate a SLAM algorithm based on the object does not need to prepare a 3D models in advance.

As the pre-stage of the study, we replaced object recognition part of SLAM++ algorithm for recognition of artificial markers, and evaluated how it can reduce the errors.

In this presentation, I will report about the results.***


language of the presentation: *** Japanese ***

発表題目: *** オブジェクトに基づくSLAMアルゴリズムの検討***

発表概要: *** Visual SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)は動画像を解析することで,リアルタイムにカメラの位置・姿勢とシーンの三次元情報構造を推定する手法である.

一般にSLAMによる推定を続けると,三次元構造を保持するためのデータ量が膨大になると言う問題点がある.このような問題に対して,三次元物体認識の技術をSLAMアルゴリズムに取り入れることにより,認識された物体の領域を事前に用意した三次元モデルで置き換えることによりデータ量を削減している.また,オブジェクトとカメラの位置関係を使用することにより逐次推定処理により蓄積する誤差の解消も可能としている.しかし,様々な環境に対応可能とするためには膨大な三次元モデルを事前に用意する必要がある.これは,SLAMの最大の利点である事前の準備を必要とせずに様々な環境で利用可能という利便性を損なってしまう.そこで,本研究では,事前に三次元モデルを準備する必要がないオブジェクトに基づくSLAMアルゴリズムの検討を行う.本発表では,事前段階として,SLAM++のアルゴリズムの物体認識部分を人工マーカの認識に置き換えた上で,物体認識による蓄積誤差の低減効果について検証を行ったので報告する. ***

 
佐藤 大夢 1551049: M, 2回目発表 光メディアインタフェース 向川 康博,加藤 博一,舩冨 卓哉,久保 尋之
title: Investigation of visual expression for non-planar display
abstract:
language of the presentation: Japanese
発表題目:非平面ディスプレイのための映像表現の調査
発表概要:(企業との共同研究のため非公開)
 
伏下 晋 1551090: M, 2回目発表 光メディアインタフェース 向川 康博,加藤 博一,舩冨 卓哉,久保 尋之
title: Reproducing optical properties of translucent objects by mixing scattering liquids
abstract: Replica of translucent objects is highly demanded in various fields such as realistic skin reproduction. In this research, we propose a method to reproduce translucency by mixing several types of liquid. First, we observe different scattering from different mixture ratios of translucent liquids in order to find out the relationship. We verify the linear relationship between mixture ratio and scattering. Then, we attempt to design a system to estimate optimal mixture ratio by the acquired linear relationship in order to reproduce translucent objects.
language of the presentation: Japanese
発表題目: 液体混合による半透明物体の光学特性の再現
発表概要: 半透明物体のレプリカは忠実な肌の再現など、様々な分野で需要が高まっている。本研究では複数の液体の混合によって、半透明感の光学特性に基づいた再現を目指す。まず、半透明感に影響を与える異なる性質を持つ液体の混合比率によるバリエーションを確認した。すると、混合比率と半透明感の間に線形性が確認できた。そこで、任意の半透明物体を再現するため、線形性を利用した最適な液体の混合比率のパラメータを推定するシステムを提案する。
 

会場: L2

司会: Duong Quang Thang
大内 啓樹 1561004: D, 中間発表 自然言語処理学 松本 裕治,中村 哲,新保 仁,進藤 裕之,能地 宏

title: Higher-Order Modeling for Predicate Argument Structure Analysis

abstract: Existing methods for Japanese predicate argument structure (PAS) analysis identify case arguments of each predicate without considering interactions between the target PAS and others in a sentence. However, the argument structures of the predicates in a sentence are semantically related to each other. In this work, we propose new methods for Japanese PAS analysis to jointly identify case arguments of all predicates in a sentence by (1) modeling multiple PAS interactions and (2) approximately searching optimal PAS combinations. Performing experiments on the NAIST Text Corpus, we show that our joint analysis methods achieve the state-of-the-art results.

language of the presentation: Japanese

 
大村 舞 1561006: D, 中間発表 自然言語処理学 松本 裕治,中村 哲,新保 仁,進藤 裕之,能地 宏
title: Information structure analysis of abstracts in multiple domains using word embeddings.
abstract: We present an automated approach to identify information structure with sentence in abstract like background, objective, method and results. Structured Abstract using general medical domain can be utilized training model to identify the information structure. However, it is difficult to adapt the model to another domain (e.g. NLP domain). We show results on methods to identify information structured sentence using word embeddings and the effective of word embeddings on multi-domain.
language of the presentation: Japanese
発表題目: 複数のドメインにおけるアブストの構造解析とWord embeddingsの影響
発表概要: 本発表ではアブストラクトの自動構造化解析手法について発表する。医療系の論文では その研究の背景、手法、結果などを構造化して書かかれた構造化アブストラクトが採用されており、読みやすい 構成となっている。また、このアブストラクトの構造はさまざまな科学技術系論文に関する自動要約、QAタスクといった下流タスク において有効な情報であるということがわかっている。構造化アブストラクトを教師データとして用いることで機械学習の手法により 自動構造化モデルを構築することは可能である。しかし構造化アブストラクトは医学系の分野では採用されている ものの、例えば自然言語処理の分野などではあまり採用されておらず、用語の違いなどでモデルの精度に影響がでやすい。 そこでラベルなしでも構築できるword embeddingを用いることでどの程度モデルの精度向上に寄与できるかを 検討する。
 

会場: L3

司会: 畑 秀明
大内 里菜 1551021: M, 2回目発表 数理情報学 池田 和司,金谷 重彦,久保 孝富
title: Extraction of interaction signals between humans and dogs
abstract: Interaction is an essential skill of human being. Dogs have also acquired their interaction skills with humans through the domestication. However, the signals of interaction between humans and dogs are unclear. To elucidate the signals, we analyzed their behaviors using an accelerometer and an eye tracker. Our result shows that the accelerometer data includes the information of emotional states and that dog specialists extract some information from dogs’ behavior by gazing important points.
language of the presentation: Japanese
 
CHEN RONGXIU 1551122: M, 2回目発表 数理情報学 池田 和司,金谷 重彦,佐々木 博昭
タイトル: 神経極性形成の数理的解析
発達過程によって神経細胞の形態が極性を生み出す。第一段階では、ニューロンは、神経突起と呼ばれるいくつかの円形のような部分を持っている。神経突起が似ているにもかかわらず、次の段階で、神経突起の一つは、他のより長く伸びる。この最長の神経突起が軸索となり、ほかの突起が、将来的には樹状突起になる。私たちは、この対称性を破れ神経プロセスを「神経極性形成」と呼んでいる。この対称性破壊の過程は、神経細胞が樹状突起と軸索という突起の機能分離をするために重要である。
本研究の目的は突起伸長維持する原理と非対称状態の安定性する数理を解明することです。
Title:Mathematical interpretation of neural polarization
Abstract:Neurons in a developing stage changes morphology dramatically. In the first phase, a neuron has circular shape or several protrusions called as neurite. Neurites are similar in length in this phase, nevertheless, one of the neurites elongates longer than others in the following phase. This longest neurite becomes axon and the others become dendrite in future. We call this symmetry breaking process "neural polarization", which is important for neurons to decide neurite functions.
There are two goals for this work. One is to interpret neuritis growing, while another is to find out the stable state of neural unsymmetrical growing, by using mathematical model respectively.
language of the presentation: Japanese
 
洲 智仁 1551054: M, 2回目発表 数理情報学 池田 和司,松本 健一,久保 孝富
title: Steering behavior model based on visual information
abstract: Driving behavior prediction is important to an advanced driver assistance system (ADAS) and automatic driving system. A driver control the steering wheel using visual information. We focused on optical flow and that predicted steering behaviors. We conducted experiments to get data and evaluate the prediction model. As a result, we confirmed optical flow is usefull to predict steering behaviors.
language of the presentation: Japanese