ゼミナール発表

日時: 9月30日(木) 5限


会場:L1

司会:中村 奈美
石黒 剛大 M2 岡田 実 木戸出 正繼 原 孝雄 宮本 龍介
発表題目:パーティクルフィルタを用いた車載カメラからの歩行者追跡の精度向上
発表概要:近年,監視や車載用途での利用を対象とした歩行者認識に関する研究が 盛んに行われている.このような歩行者認識の精度を向上させるためには, 検出処理,追跡処理,それぞれの精度を向上させる必要がある. この2つの処理のうち, 検出処理に関しては高精度な手法が幾つか提案されるに至っているが, 追跡処理に関しては精度が十分であるとは言い難い.そこで本研究では パーティクルフィルタを用いて車載カメラ画像で歩行者追跡を行う際に, カメラの動き情報を取り入れたシステムモデルを適用することで画面内での 歩行者の変化を補償する手法を提案する.
 
佐藤 和男 M2 加藤 博一 木戸出 正繼 藤澤 誠 天野 敏之
研究題目:フォトモザイクを用いたエンターテイメント性を持たせた画像サーフィング手法の提案
研究概要:現在ではユーザが撮った写真をFlickrのような画像投稿サイトにアップすることが出来,不特定多数の人々に一般公開が出来るようになった。 そのようなサイトの画像表示は二次元的にリスト化されたテーブル表示が一般的である。しかし,そのような表示方法ではユーザの閲覧行動が単調になりがちである.本研究ではフォトモザイクを用いて画像表示にエンターテイメント性を持たせることにより,ユーザが楽しみながら画像を閲覧する画像サーフィングの方法を提案する.
 
庄司 賢太 M2 加藤 博一 木戸出 正繼 藤澤 誠 天野 敏之
発表題目: 共同活動空間におけるメンバーの位置情報履歴を用いたアウェアネス支援
発表概要: 情報伝達手段の発達により、いつでも誰とでもコミュニケーションができる環境が整いつつある。しかしながら、他者の状況を把握できないために、他者の都合への配慮がないコミュニケーションが起こりがちである。そこで本研究では、共同活動空間におけるメンバーの位置情報履歴を提示することで他者の状況推測を支援する意義について述べる。
 
IGOR DE SOUZA ALMEIDA M2 加藤 博一 横矢 直和 藤澤 誠 天野 敏之

発表題目:Improving GSS for research meeting support through analysis of factors

発表概要:Group Support Systems (GSS) have been already known as benefitial tools for decision-making context such as business organizational environment. However, as important as the better outcome is the understading of the factors which lead to those benefits. In this research, factors such as the choice of interface and the impact of interchangeable interfaces will be addressed. An experimental GSS is being developed focusing on the case study of periodical research meetings.

 

会場:L2

司会:櫨山 寛章
井関 教善 M2 砂原 秀樹 山口 英 藤川 和利
 
矍澄〔 M2 砂原 秀樹 山口 英 藤川 和利
発表題目:大規模配信における複数メディアストリーム再生同期機構の実装と評価
発表概要:オーバレイマルチキャストはインターネット上でのライブ動画配信においてサーバの負荷分散やネットワークの帯域消費を抑制する大規模配信技術として期待が高まっている.また,視聴者の視聴形態としてはマルチアングルや3D映像といった複数のメディアストリームを利用する形式に期待が高まっている.しかし,既存のオーバレイマルチキャストは単一メディアストリームの再生を想定しており,複数メディアストリームを扱った場合は,各メディアストリームにおける伝送路やノードのホップ数の違いにより再生タイミングに違いが生じるといった問題がある.本発表では,この問題を解決するための手法について説明し,現在の進捗と今後の研究方針を述べる.