ネットワークシステム学研究室

ユビキタスネットワークの基盤技術の実現と評価

教員

  • 教授:岡田 実

    教授:
    岡田 実

  • 准教授:東野 武史

    准教授:
    東野 武史

  • 特任助教:Duong Quang Thang

    助教:
    Duong Quang Thang

E-mail { mokada, higa, thang }[at] is.naist.jp

研究室概要

本研究室では、電波を使ったセンシング、ブロードバンドワイヤレス伝送、エネルギー伝送に関する研究を行っています。これらの技術は、将来のユビキタスネットワークを支える基盤技術であり、電磁理論と信号処理の手法を用いて実装と評価を行っています。研究においては、理論的な側面やシミュレーションによる評価だけではなく、技術の実現性を重視しており、実際に実験装置を試作して動作実験を行い、性能評価を行っています。

無線電力伝送技術

ノートPCやタブレット、スマートホンなどの携帯機器、移動ロボットでは、電源の制約が大きな問題です。移動しつつこれらの携帯端末や移動ロボットへ電力を供給することができれば、その利便性は大幅に向上します。しかし、従来の無線電力伝送システムでは、端末を送信アンテナの近くに置く必要があり、移動する端末に電力を供給することは困難でした。本研究室では、送信アンテナ形状を最適化することで、移動体に対する無線電力伝送を可能にする研究を進めています。

プラレールを使った無線電力伝送実験

プラレールを使った無線電力伝送実験

高信頼低消費電力無線通信システム

携帯電話や無線LANに代表されるデジタル無線通信システムは、近年、その伝送速度が大幅に向上していますが、セキュリティやロボットの制御といった非常に高い信頼性が要求される用途では、その性能は十分ではありません。本研究室では、OFDM、CDMA、アンテナダイバーシチ技術、マルチホップネットワーク、誤り制御技術といった各要素技術の研究を通じて、超高信頼性システムの実現を目指しています。 また,8K超高精細地上デジタル放送や、携帯向けマルチメディア放送に向けた、移動受信アンテナや復調アルゴリズムといったデジタル放送受信機の性能改善に向けた研究、開発を行っています。

分散アンテナシステムに関する研究

光ファイバ無線(RoF:Radio-on-Fiber)を用いた分散アンテナシステムの研究を行なっています。無線基地局の集中管理を可能とする光ファイバ無線リンクとMIMOに代表される空間分割多重の技術を融合して周波数利用効率の高い無線通信システムの構築を目指しています。

センシングに関する研究

漏洩同軸ケーブルを用いた侵入者検知やRFIDを用いた低侵襲外科手術支援システムの研究を行なっています。これらは電磁波を使用して、対象物からの受信信号からその位置を推定しています。

無線信号処理回路の実装に関する研究

無線通信や電力線搬送システムで用いられるデジタル信号処理は、非常に演算量が多く、かつ、並列化が単純にはできないため、その実装には、様々な工夫が必要となります。本研究室では、演算規模の小さい信号処理アルゴリズムや並列化に関する研究を行なっています。

産学官連携・社会貢献など

○○○○

研究室保有の無線信号測定機器
(ネットワークアナライザ、スペクトルアナライザ)

本研究室は様々な組織と共同研究等を行っています。特に,実装面に関しては大学発ベンチャ企業の草分け的存在である(株)シンセシスと協力して研究を進めています。