ソフトウェア工学研究室

学生の好奇心や柔軟な思考を生かし、既存技術にとらわれない先端的な研究を推進

教員

  • 教授:松本 健一

    教授:
    松本 健一

  • 准教授:石尾 隆

    准教授:
    石尾 隆

  • 助教:伊原 彰紀

    助教:
    伊原 彰紀

  • 助教:畑 秀明

    助教:
    畑 秀明

  • 助教:Raula G. Kula

    助教:
    Raula G. Kula

E-mail { matumoto, ishio, akinori-i, hata, raula-k }[at] is.naist.jp

研究室概要

ソフトウェア工学研究室では、ソフトウェアが持つ脆弱性の克服とソフトウェア開発・利用における新たな基盤技術の確立をめざし、ソフトウェア製品・サービスに関わる理論、方法論、モデル、環境・ツール、ベンチマーキング、技術移転などの研究開発に取り組んでいます。研究対象は、ソースコードだけでなく、テスト、不具合、リリース、ダウンロード、更には、ソフトウェアの開発や利用に携わる個人・コミュニティ間でのコミュニケーションに関わるビッグデータです。それら多様なデータを活用し、学生の好奇心や柔軟な思考をうまく組み合わせていくことが,既存技術にとらわれない先端的で実用的な研究につながると考えています。

ソフトウェア工学における研究対象

ソフトウェア工学における研究対象

ソフトウェア開発技術・パラダイム

  • ソフトウェアエコシステムデザイン
  • 協調ソフトウェア開発支援
  • ソフトウェア開発支援 Web サービス
  • ソフトウェア再利用・剽窃分析
  • ソフトウェアからの設計情報の抽出・復元
  • ソースコード検証の自動化
  • ソフトウェア検索
  • ソフトウェア開発支援ボットとコミュニティ通貨
既存ソフトウェア群で使用されている類似ソフトウェア部品の検索

既存ソフトウェア群で使用されている
類似ソフトウェア部品の検索

ソフトウェアデータマイニング

  • ソフトウェア品質評価
  • ソフトウェア可視化・実体化
  • ソフトウェア実行モニタリング・実行状況再現・障害分析
  • ソフトウェア言語処理
  • データに基づくプロジェクトマネージメント
  • 生体情報を用いた開発活動解析
  • TaskPit: ソフトウェア開発タスク計測システム
都市をメタファとしたソースコード可視化と技術的負債の償却支援

都市をメタファとしたソースコード可視化と
技術的負債の償却支援

オープンソースソフトウェア(OSS)工学

  • OSSユーザ支援のためのエコシステム分析
  • コミッター選出のための開発者活動分析
  • OSS開発における欠陥部品の自動特定
  • OSS開発におけるコミュニケーション分析
  • OSSマイニングのためのインテリジェントシステム
  • グローバルソフトウェア開発
機械学習によるコードレビュー合意形成支援

機械学習によるコードレビュー合意形成支援

研究ネットワーク

研究ネットワーク

国内連携先(略称,順不同):富士通研究所、日立製作所、JAXA、経済調査会、大阪大学、九州大学、名古屋大学、岡山大学、和歌山大学、電気通信大学、京都工芸繊維大学、早稲田大学、近畿大学、福岡工業大学、奈良高専、香川高専、熊本高専、など