ソフトウェア基礎学研究室

人と人,車と車の通信でより良い未来に貢献する

教員

  • 教授:伊藤 実

    教授:
    伊藤 実

  • 准教授:楫 勇一

    准教授:
    楫 勇一

  • 准教授:柴田 直樹

    准教授:
    柴田 直樹

  • 助教:Juntao Gao

    助教:
    Juntao Gao

E-mail { ito, kaji, n-sibata }[at] is.naist.jp

研究室概要

本研究室では,モバイルコンピューティング,クラウドコンピューティング等の研究分野において,対象問題の定式化・アルゴリズムの考案・実機及びシミュレータでの評価を通して研究教育を行っています。また、それらの研究を支える基礎となる情報理論や、セキュリティ要素技術に関する研究にも取り組んでいます。

高度交通システム(ITS)

高度交通システムの普及により,車載情報機器の普及率も高くなっています。本研究室では、情報伝搬,都市センシング,安全支援など,多種な研究を行っています。

過去の研究トピック

  • (i) 駐車場における混雑緩和のための多数車両同時ナビゲーションシステム
  • (ii) 指向性アンテナ・ビデオカメラによる車両間の協調による死角歩行者検知・通知システム
  • (iii)観光用パーソナルナビゲーションシステムP-Tour
観光用パーソナルナビゲーションシステムP-Tour

観光用パーソナルナビゲーションシステムP-Tour

クラウドコンピューティング,並列アルゴリズム

各種サービスに必要をインターネット上のサーバで実現するクラウドコンピューティングが注目されています。処理を行うデータセンタは、多数の計算ノードから構築され、各ノードは多数のプロセッサを搭載しており、これら多数の計算ノードを効率よく利用する方法が重要となってきました。

過去の研究トピック

  • (i) マルチコアプロセッサの停止故障を考慮したスケジューリング
  • (ii) ターボブースト・ハイパースレッディングによる実行速度の変化を考慮したスケジューリング
  • (iii) GPGPUやSIMD命令セットを効率よく利用する連結成分抽出アルゴリズム

モバイルコンピューティング

多数のモバイル端末間で無線通信を利用したサービスについて研究します。

過去の研究トピック

  • (i) 災害復旧のための建物包囲型無線ネットワークノード配置
  • (ii) 被災地におけるDTN(遅延耐性ネットワーク)に基づいた情報収集・共有方式
  • (iii) 水中センサネットワークにおけるセンサ位置推定

情報理論

情報理論は、効率的で信頼性の高い通信を実現するため多大な貢献をしてきました。その一方、近年は、情報理論のアプローチや成果を、通信以外の諸問題へ応用する研究も広く行われています。本研究室では、誤り訂正符号等、情報理論のオーソドックスな研究課題に取り組む一方、情報理論の新しい可能性を開く研究にも取り組んでいます。

情報理論

過去の研究トピック

  • (i) 誤り訂正符号の符号化・復号アルゴリズム開発
  • (ii) フラッシュメモリ等における記録用符号方式の設計・評価
  • (iii) 次世代符号を応用した超高密度・超高容量2次元コードの開発
  • (iv) サイドチャネル攻撃等、セキュリティ攻撃に対する漏洩情報の量的評価

セキュリティ要素技術

様々な技術やサービスが登場するのに伴い、情報を護るための仕組みについても、新しい課題や要求が発生しつつあります。本研究室では、既存の暗号技術を部品として取り込み、従来の技術では実現できなかった計算パラダイムを創り出すことで、これら新しい問題にアプローチしています。理論のための理論とならないよう、民間企業の研究者とも連携し、ニーズにあった研究を心がけています。

セキュリティ要素技術

過去の研究トピック

  • (i) センサネットワーク、M2M機器向けセキュリティ方式の開発
  • (ii) 情報弱者の利用を想定したセキュア認証技術の提案
  • (iii) 複数の組織をまたがったロールベースアクセス制御方式の設計・開発

研究設備

  • 各種携帯無線端末, LEGO MINDSTORMSによるMANETテストベッド,PlanetLab等
  • QualNetなどの各種シミュレータの開発ライセンス,UbiREAL,P-Tour,MobiREAL,電子トリアージ等の本研究室と共同研究機関で開発したシステム

共同研究・社会活動など

大阪大学,滋賀大学,大阪府立大学,静岡大学、岐阜大学、北陸先端大学、日本電気(株)、(株)沖電気との共同研究