ネットワーク統合運用研究室(国立研究開発法人情報通信研究機構)

情報通信研究機構・総合テストベッド研究開発推進センターとの教育連携研究室

教員

  • 教授:小林 和真

    教授:
    小林 和真

  • 准教授:河合 栄治

    准教授:
    河合 栄治

E-mail tblab-info [at] is.naist.jp

研究室概要

ネットワーク統合運用研究室は、情報通信研究機構・総合テストベッド研究開発推進センターとの教育連携研究室です。本研究室では、これからのインターネットの進化を実現するために必要となる新しいネットワーク・サービス技術について研究活動を行います。特に、日本が誇る世界最大級の広域テストベッドネットワークJGNを活用し、基盤技術の研究開発から、ベンダーやキャリアなどの産業界も交えて共同で行う大規模実証実験、さらにはそうした新技術の世界展開を実現するための活動を進めていきます。

ネットワーク仮想化技術

インターネットは、通信回線を仮想化することでその利用効率を劇的に向上し、世界中に普及しました。この仮想化の概念をさらに推し進め、ネットワークインフラの高度化を実現することが求められています。例えば、ネットワークインフラを仮想化することで、その一部分(スライスと呼ばれる)を他から隔離した形でユーザに提供することが可能になります。私たちはこれらのネットワーク仮想化技術およびその運用技術の研究開発を進めています(図1)。

ネットワークインフラ仮想化のモデル

図1:ネットワークインフラ仮想化のモデル

次世代・新世代ネットワーク技術

現在のインターネットは、改良を重ねて通信基盤としての現在の地位を確立しました。一方で、今のインターネットの仕組みでは解決が困難な課題がいくつか残されたままであり、これからの進化の大きな障害となることが予想されています。そこで近年、従来のインターネット技術を大きく変えることでこうした課題の根底からの解決を目指す研究開発が世界中で盛んになってきています。そうした全く新しい技術を広域インフラで実導入し、様々な実証実験を実現するための技術(新世代ネットワークテストベッド技術)について研究開発を行っています。

オーケストレーション技術

ネットワーク仮想化技術や次世代・新世代ネットワーク技術を基礎とする新しいネットワークインフラでは、様々なリソースをサービス要求に応じて動的に結合する仕組みが必要となります。オーケストレーション技術とは、そうした目的のためにインフラリソースを協調動作させ、最適化するための技術です(図2)。

オーケストレーション技術

図2:オーケストレーション技術

研究設備

  • 超高速広域ネットワークインフラ(JGN)
  • 国内回線、国際回線、基幹ルータ・スイッチ、クラウドインフラ(仮想ホスト、仮想ストレージ)

共同研究・社会活動など

連携先である情報通信研究機構はもちろんのこと、様々な大学、企業、組織がJGNを活用して研究活動を進めています。本研究室ではこうした研究活動との連携も行う予定です。

  • SDN/OpenFlow技術(日本電気)
  • オーバレイ通信技術(大阪大学)
  • クラウド連携技術(WIDEプロジェクト)