本文へジャンプ

研究室紹介

>>研究室一覧へ

生命機能計測学研究室

次世代の科学を拓く生命科学と医療分野の計測システム

ナノからマクロにいたる様々な生命機能の計測とその情報処理技術、例えば、顕微バイオイメージング、光ピンセット、医用画像処理、医用バーチャルリアリティ、生体工学、医療情報システムなど、次世代の科学を拓く生命科学と医療分野の計測システムに関する研究教育に取り組みます。


〈教 員〉 教 授 : 湊 小太郎
准教授 : 杉浦 忠男
助 教 : 佐藤 哲大、服部 託夢
研究室ホームページ
湊 小太郎 教授
湊 小太郎 教授

主な研究テーマ

バイオセンシング・バイオイメージング
顕微バイオイメージング
細胞や組織中の生体分子を高感度・高解像度でイメージングして遺伝子の働きや疾病のメカニズムを明らかにする技術を開発しています。
光ピンセット
レーザー光の力でμmオーダーの大きさのものを自由に操作し、細胞中の生体分子などに働く微弱な力を高感度に測る装置を開発しています。
細胞触診システム
細胞の硬さをpN~nNの力レベルで計測して細胞の状態を診断する独自のシステムを開発しています。
一分子計測・一分子イメージング
細胞中の生体分子を分子一つのレベルで検出してその性質を明らかにする技術や、微弱な分子間力を一分子レベルで計測する技術を開発しています。
医用画像処理・生体工学
MRI(心臓冠動脈イメージング)
臨床用MRIを用いた心臓冠動脈のイメージングにおける、動き補償や静止期間の決定支援技術を開発しています。
PET (ポジトロンCT)
筋活動の定量化
医用バーチャルリアリティ・医療情報
手術シミュレーション
患者個人の医用画像から三次元人体・臓器モデルを構築して手術を事前にシミュレートし、手術中に計画内容をナビとして提示する研究を進めています。
医用グラフィクス、可視化
GPUを駆使したボリュームデータの可視化・リアルタイム変形に関する研究開発に取り組んでいます。
触力覚情報処理(ハプティクス)
位置・力計測と力覚提示装置によって触覚情報を他者と共有できる技術を開発しています。
電子カルテ・PACS・病院情報システム
電子カルテ、病院情報システム、医用画像システムなどに関する開発研究です。
イメージ

研究設備

  • 光ピンセット
  • 全反射蛍光顕微鏡、二光子顕微鏡
  • 三次元医用画像処理ワークステーション
  • 力覚提示デバイス、超小型位置姿勢センサ

研究室の魅力

医療機器や光学関連企業のみならず、学内の他研究科や他大学の研究室、あるいは医学部や病院などとの共同研究が多く、大学の研究者や企業の技術者のみならず、医者やセラピストなどいろいろな人と出会えて、一緒に仕事ができます。

情報、電気、物理、機械など工学系、医学や薬学など医療関係、また農学、生物学などの出身者、さらに企業経験者や留学生など、多彩な分野とバックグラウンドをもった学生が在籍して、互いに刺激し合える環境です。

手術シミュレーションシステムの開発
手術シミュレーションシステムの開発

卒業生からのメッセージ

石田 健二(2007年度博士前期):(株)モレキュラーイメージングラボ
「毎週の湊研ゼミが楽しみでした。よう分からんと気づくのは重大な一歩です…よね。」
梅田 博徳(2007年度博士前期):日本アイ・ビーエム(株)
「在学中、湊先生の「何事にも面白さが必要」というリクエストに苦しみました。ご本人にかなりのセンスがおありな上に、本質を的確に突くお方です。自由度の高い研究ができるだけでなく、ハイセンスなスタッフが率いる研究室です。」
矢野 哲(2007年度博士前期):(株)島津製作所
「知識ゼロの私でも、先生方の懇切丁寧な指導や立派な研究設備・環境のおかげで充実した大学院生活を送ることができ、また、それが今の仕事にも生かされています。」
赤澤 礼子(2006年度博士前期):(株)島津製作所
「湊研究室で研究を通して学んだ"考え方"や"物事への取り組み方"は、社会人になった今もとても役立っていると感じます。」
赤澤 淳(2006年度博士後期):明治国際医療大学
「私は一度修士卒で働いた後に湊研究室へ入りました。医療系の専門学校に昼間通いながら、生体の機能を計測する研究をさせて頂き、大変貴重な3年間を過ごすことができました。」
森岡 涼子(2005年度博士後期):産業技術総合研究所
「湊研究室は、スタッフと学生の双方が、教育および研究活動において協力的で、学年や分野を越えた刺激が常にあります。また、学内や外部研究機関との共同研究のサポートも厚く、学生時代に模範となる先生方との出会いを多く経験したことが、卒業後様々な局面で役に立っています。」